スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

夜籠花嫁/柊平ハルモ

夜籠花嫁 (プラチナ文庫)夜籠花嫁 (プラチナ文庫)
(2008/09/10)
柊平 ハルモ

商品詳細を見る


淫乱。
涙と愛蜜にまみれひくつく弓槻を責め立て、高智は冷酷に囁く。
かつて、幾久しく愛しいと熱く口づけた、甘い唇で─―。
国が変わろうとした時代。
理不尽で凄惨な幽閉生活の中、藩主の最後の嫡子、高智は弓槻だけを見つめて生きていた。
弓槻も、家臣以上の真心と無垢な体の全てで高智へ仕えた。
だが突然、弓槻は高智を裏切り出奔する!
数年後、二人は男娼と娼館主として再会するが、弓槻は高智など知らぬと言い張り、激昂した高智に!?
愛情も憎しみさえも燃え上がるただひとつの、恋。



何だこのリアル本屋で買いにくい表紙は……!と思いながら、普通に購入して(すみません面の皮が厚くて)読み始めてすぐに既知感が。
「え?この設定どこかで読んだような?」と。
最初はよくある設定だからか?と思っていたのですが、お話も大分進んだところで登場した白鳳という名前にあー!!!と叫びたい気分になりました。

これ、「一夜花嫁」のスピンオフ作品です。
(「一夜花嫁」の感想→コチラ

上のリンクで飛んでいただければ一目瞭然、私は感想で「主人公カップルより館主×娼館の世話役(白鳳)の方が萌えるよっ!」と暑苦しく語っておりまして、それ程ではないにしても美味しく思った方が多かったのか。
それとも著者がそういう方針だったのか。
よくわからないのですが、WEB連載されていたものの大幅加筆修正版+書き下ろしのようです。
(中編+短編+ショートの構成)

想像していたものとは異なり、ヤンデレ×一途でしたが、それなりに楽しんだ気がします。




以下ネタバレありです。


【“夜籠花嫁/柊平ハルモ”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

2008.09.22 | Comments(1) | Trackback(0) | タイトルのみ花嫁

華族花嫁/魚谷しおり

華族花嫁 (白泉社花丸文庫 う 3-3)華族花嫁 (白泉社花丸文庫 う 3-3)
(2008/08/21)
魚谷 しおり

商品詳細を見る


身寄りのない稔は、塩見伯爵家の令嬢、莉子に仕えていた。
ところが体の弱い莉子の代理花嫁となり、豪腕な実業家、楠本と結婚式を挙げることになってしまう。
代役は結婚式だけでは終わらず、稔はその後も新妻の身代わりとして女装させられて、楠本の洋館に監禁され、身体までも求められてしまう。
楠本は、「お前は人質だ」と言い張るが、時折見せる優しい気遣いに稔はだんだんと惹かれていって…!?



身代わり花嫁にも色々あるものだと思わせてくれた作品でした。
設定だけなら完全に人質です。
しかも主人公の稔は、あくまでも伯爵家大事・莉子様大事で、自分が人質になっているという自覚がありません。
素直で可愛い受けです。


……しかし、それよりも私はラスト付近の展開に眩暈が。



以下ネタバレありです。



【“華族花嫁/魚谷しおり”の続きを読む】

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

2008.09.14 | Comments(4) | Trackback(0) | 身代わり花嫁

花嫁は高校教師/藍生有

花嫁は高校教師 (プリズム文庫 ay- 5)花嫁は高校教師 (プリズム文庫 ay- 5)
(2008/08/23)
藍生 有

商品詳細を見る


高校教師の千春は、母親のたくらみで、教え子の光哉に嫁ぐことになってしまった。
「男の俺がなんで?」とはねつけるが、入院中の大好きな祖母が望んだ事だと知り、しばらく光哉の家で大人しくしていることにした。
ところが早速その晩、「初夜ですから」と光哉に迫られ、まんまと食べられてしまう。
うっとり幸せそうに目を覚ました光哉を横目に、このままではヤバイと焦るが……!?



ちょっとユルイ親族同士の口約束から、男なのに男と「結婚」……って、何回読んだでしょうか。
ここらでおさらいするのも良いですね!

 パターン①ストーリー重視
        →当初両方拒否しているが、一緒にいるうちに惹かれあって大団円
 パターン②エロ重視
        →当初片方(主に受け)が拒否しているが、攻めは面白がって手を出してくる。
         遊びだったはずの攻めが本気になり、受けも何故か受け入れ大団円
 パターン③トンデモ型
        →当初からアタマオカシイ片方(絶対に攻め)が本気で、色々ありつつ大団円

パターン③が適当ですが、きっとこんなものだと思う。
そして、この作品、パターン③です。


……いやあ、人の話をまったく聞かない攻めの性格も実際いたらウザイ男だな~とつくづく思いましたが、受けの高校教師もどうしたらよいのかわからない感じでした。




以下ネタバレありです。


【“花嫁は高校教師/藍生有”の続きを読む】

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

2008.09.11 | Comments(2) | Trackback(0) | 男でも無問題で花嫁

新妻・ふわふわ日記/雪代鞠絵

新妻・ふわふわ日記 (幻冬舎ルチル文庫 ゆ 1-9)新妻・ふわふわ日記 (幻冬舎ルチル文庫 ゆ 1-9)
(2008/08/18)
雪代 鞠絵

商品詳細を見る


1ヵ月前まで家事を全くしたことがなかった17歳の「新妻」真琴は、優しい年上の「夫」で大学准教授の橘祐一郎と幸せな新婚生活を送っていた。
1日1回と決められている夜のお努めも、真琴なりに頑張っているけれど……。
そんな幸せなある日、真琴は家に遊びに来た学生・光理に口説かれてしまう。
戸惑う真琴に追い討ちをかけるように、祐一郎の浮気が発覚するが!?



何だこのタイトルにストーリー……と思った貴方は普通です。
私も一体どれだけのトンデモ話乙女ちっくなお話が展開されるのか、わくわくしながら手に取りました。

そして驚きました。
これ、結構面白いです。

17歳男児の「新妻」という「頭大丈夫かお前」な設定が見事に収束していく様は、素直な「出会い→ごちゃごちゃありつつ最後はラブ」なBLとはちょっと違います。
出版社の倒産もあり、阿呆話にノベルス代金を出したくない……というドケチ精神で花嫁ものだなと思いつつ無視していたのですが、文庫化を機に買って良かったです。
タイトルとストーリーでドン引きした貴方は、ちょっと立ち止まって!



以下ネタバレありです。



【“新妻・ふわふわ日記/雪代鞠絵”の続きを読む】

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

2008.09.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 男でも無問題で花嫁

婚約者は俺様生徒会長!? /若月京子

婚約者は俺様生徒会長!? (DARIA BUNKO)婚約者は俺様生徒会長!? (DARIA BUNKO)
(2008/08/13)
若月 京子

商品詳細を見る

小さい頃から男にモテモテの美少年・中神八尋が入学したのは全寮制男子高校。
そこは上流階級の子弟が通うセレブ校だが、生徒の大半がホモという超危険地帯!
野暮ったい変装で美貌を隠し地味で平穏な学園生活を望む八尋だが、人気も俺様ぶりもナンバーワンという生徒会長の鷹司帝人に気に入られ婚約するはめに。
だが、嫉妬と反感を募らせた帝人の親衛隊の嫌がらせが始まって……!?


花嫁類似キーワードに引っかかって購入いたしましたが……「本当にこんなのが存在したんだ」というぐらいのお約束が散りばめられた作品でした。

BL学園です。

・山の中の名門全寮制男子校
ホモがスタンダード
・生徒会は人気投票で選ばれ、生徒会長は財閥の息子で顔も成績も存在感もトップで、もちろんいろんな男子生徒とヤリまくり、性質の悪いファンクラブ有
・主人公はフェロモン系美人
・しかしそれを嫌って、眼鏡で不細工に変装
女装イベント付き文化祭有

と、これでもかというぐらいの王道ぶり!
はい、皆様「ありがちだけど好きなの」というポイントは見つかったでしょうか!
……告白すると、私は「眼鏡不細工→とったら美人」という王道キャラが大好きだ。


しかし自覚アリ系は範囲外です。
私が好きなのは、もっと少女漫画系。

「本人わかってない
   ↓
何かの拍子でクラスの人気者系男子が素顔を知ってふぉーりんらぶ
   ↓
くっついた後も自覚がなくて、攻めはイライラ」

これですよ。
受けは可愛い可愛いと連発する攻めを「目(頭)悪いんだな」ぐらいに思う、天然ツンデレでお願いします!!


あ、激しく脱線しました。
これだけ脱線すると、趣味じゃないのがわかってしまいそうですが……以下ネタバレありです。




【“婚約者は俺様生徒会長!? /若月京子”の続きを読む】

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌

2008.08.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 男でも無問題で花嫁

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。